日帰り慰安旅行 in 開田高原

年に一度実施している弊社の日帰り慰安旅行。

今年は社員全員で開田高原に行ってきました。

連日名古屋は高温多湿の猛暑に襲われていましたが

開田高原では日差しは強いものの

風は爽やかで随分過ごしやすく感じました。

まず訪れたのは御嶽山の麓にある『木曽馬の里』。

d0126730_11572363.jpg

撫でたり草をあげたりして木曽馬と触れ合ってきたのですが

どの馬も大人しく穏やかで、とても愛らしかったです。

d0126730_13055815.jpg

d0126730_13064002.jpg

その後、園内にある「そば道楽体験道場」にて蕎麦打ちをしてきました。

弊社の社員は全員が蕎麦打ち初体験。

優しく指導していただきながら、なんとか蕎麦を打つことが出来ました。

d0126730_13295500.jpg

中にはきしめんみたいになった蕎麦もあり

お世辞にも綺麗な出来栄えとはなりませんでしたが

楽しく蕎麦打ちを体験することができました。

作った蕎麦はその場で茹でてもらい早速ざる蕎麦でいただきました。

d0126730_13382273.jpg
蕎麦の太さは不揃いですが、味は申し分ない出来栄え。

揚げたての天ぷらも本当に美味しかったです。

食後は「尾の島の滝」へ。

駐車場から滝までは300m。

最初は腹ごなしの散策気分でいたのですが

残り200mの辺りに来ると山道は結構きつい坂道に。

d0126730_14034808.jpg

予想以上にハードだった山道を歩いて辿り着いたのは

滝壺のすぐ近くでとても涼しく、気持ちのいい爽快な場所でした。

d0126730_14112780.jpg

思わずすくってみたくなるほど透き通った水が

勢いよく流れ落ちる様は迫力もありました。

この尾の島の滝は御岳行者の水行を行う霊場でもあるとのことでした。

行きの下り坂も大変だった山道ですが

帰りの上り坂のきつかったことと言ったら……

しかし、滝の迫力や爽快な空気を堪能できて大満足でした。

(ただし、翌日は足が痛くなりました(苦笑))

開田高原の定番であるソフトクリームも食べました。

なんとも濃厚で美味しかったです。

御岳山の絶景場所数か所を楽しんだあと、ブルーベリー狩りへ。

d0126730_15303885.jpg

こちらも初めての体験です。

生のブルーベリーがこんなに甘く美味しいものだと初めて知りました。

その場で摘んでいっぱい食べて、収穫したものはお土産に。

ブルーベリーの皮が白っぽくなっていても洗う必要はないんだそうです。

洗ってしまうことで早く痛んでしまうんだとか。

d0126730_15291533.jpg

開田高原を回るには少し駆け足でしたが

天気も最高に良く、名古屋に比べて涼しく快適だったこともあり

とても充実した、大満足の日帰り慰安旅行でした。


[PR]
# by mai-tokai | 2018-07-28 16:01 | 日記

カンボジア旅行

先日、カンボジアへ行ってきました。
一度アンコール・ワットを訪れてみたい、と思っていたこともあり
3泊5日の日程で久しぶりに海外へ出掛けてきました。
セントレアからハノイ経由でシェムリアップまで約9時間。
覚悟はしていたものの現地はとても蒸し暑い!
実際の気温は33度くらいなんだそうですが
湿度がとても高く蒸し暑いため、体感温度は38度ほどになるとのこと。
本当にそのくらいの暑かったです。

1日目。
午前中、木々が遺跡に絡みつく光景が印象的な『タ・プロム』を見学。

d0126730_17114131.jpg

大木の根がしっかりと遺跡を抱いているような姿に
遺跡が手つかずになっていた時間の長さを感じました。

午後からは待望の『アンコール・ワット』見学。
世界遺産「アンコール遺跡」の代表的な遺跡でもある
アンコール・ワットは12世紀前半に建設されたヒンズー教の寺院です。  

d0126730_13455375.jpg

d0126730_13470471.jpg

とにかく「凄い!」の一言。
その規模も凄いのですが
遺跡に彫られている数え切れないほどのレリーフも凄い。
どうやって作ったんだろうと、その当時の人々の労力に感嘆しました。

翌日は『アンコール・トム』という12~13世紀の都市跡に行きました。
ここの遺跡に彫られている顔の表情が何とも言えない趣があり
とても魅力的でした。


d0126730_13573617.jpg
d0126730_13583008.jpg

3日目は首都プノンペンに移動し、カンボジア日本技術大学を訪問。
カンボジアで活躍されている日本人が
たくさんいらっしゃることに感動しました。

その後、市内にある王宮にも足を運んでみました。

d0126730_14061679.jpg


伝統的クメール様式の王宮はひと際目をひき、立派で華やかでした。

帰りは眠気と闘わなければならない夜行便の飛行機という
少々強行日程でゆったり観光するという訳にはいきませんでしたが
幸いにもお天気にも恵まれ、長い時間の流れに思いをはせつつ
とても感動したカンボジア旅行になりました。




[PR]
# by mai-tokai | 2018-06-14 15:39 | 日記

同級生と立山・黒部へ

小学校の同級生12人で『立山・黒部アルペンルート』のツアーに行ってきました。

あいにく日程が超大型の台風21号の接近と重なってしまい
思い描いていた秋晴れの下での旅行とはなりませんでした。

初日。黒部峡谷での定番『トロッコ電車』に乗車。

d0126730_16021994.jpg

宇奈月から鐘釣まで。
乗車中は雨は降られることなく、景色を楽しむことができました。
期待していた紅葉の見頃にはまだ少し早かったようです。

d0126730_16084793.jpg

2日目の行先は立山・黒部ダム。
天気予報通りの雨の中での観光となりました。

d0126730_16271672.jpg
d0126730_16280025.jpg

白く煙る中で見る黒部ダムからの眺め。
お天気が良ければ壮観だっただろうな、と。

なんとも残念でした。

紅葉散策も雨のため車内からとなってしまいました。

d0126730_16283077.jpg
お昼ご飯は室堂のターミナルビルで食べたのですが
そこで食べたのが『白海老から揚げ丼定食』。
白海老が山盛りでそのボリュームに驚いてしまいました。
食欲に自信のある方、オススメです。
d0126730_16291902.jpg
食べるのに懸命で写真を取り忘れたので
立山黒部アルペンルートのホームページより拝借しました。

雨に降られたものの予定通りに帰路に・・・・・・
とはならず、帰りは台風の影響を受けてしまい
中央線で帰る予定が電車が運行中止に!
急きょ帰路はバス移動となるハプニングもありました。

でも、久しぶりの幼なじみとの会話はとても楽しく
タイムスリップしたように若返った気分になりました。

 


[PR]
# by mai-tokai | 2017-10-24 17:06 | 日記

『虹の森』さんの工房訪問 その2

社員全員で岐阜県付知にある『虹の森』さんの工房を訪問しました。

工房を見学させていただいた後、牧野先生親子と共に

工房近くの『岩魚の里 狭』で昼食を食べました。

店名にもある岩魚料理をいただいたのですが

清流で育った岩魚はとても美味しくて、その味を堪能してきました。

d0126730_13223775.jpg


d0126730_13225120.jpg


また、このお店の場所がとても素敵な場所で

木々と付知川の水の美しさを十分に満喫できました。

写真からも青く澄んだ水の美しさは

分かっていただけるのではないかと思います。

d0126730_13414282.jpg


ここで一つアドバイスを。

この美味しい食事と美しい景色が楽しめるお店に行くには

運動のしやすい靴を履いていったほうがいいです。

なぜなら、、、このお店に行くにはつり橋を渡るからです。

d0126730_13425444.jpg


このつり橋は一度に三人までしか渡ってはいけないそうです。

アスレチック気分も味わえますよ。

  『 岩魚の里 狭 』
    http://nakatsugawa.info/p_shop/hazama/

帰路につく際に牧野先生オススメの栗きんとんを買ってお土産にしました。

途中、道を間違えるハプニングもありましたが

天気に恵まれ穏やかな青空のもと大変楽しい一日になりました。

快く工房を見学させていただいた牧野辰雄氏・隆氏、

本当にありがとうございました。
[PR]
# by mai-tokai | 2016-10-31 15:03 | 日記

『虹の森』さんの工房訪問 その1

先日、穏やかな秋晴れの日に秋の行楽をかねて

社員全員で岐阜県付知にある『虹の森』さんの工房を

見学させていただきました。

d0126730_1342272.jpg


『TOY VILLAGE 虹の森』は牧野辰雄氏・隆氏が親子で

木のおもちゃを中心に造形活動を展開されています。

工房は付知峡を流れる付知川の上流にあるので

紅葉が楽しめるかと少し期待していたのですがまだ紅葉には早かったようです。

d0126730_132321.jpg


付知は名古屋よりも気温が低く、工房のストーブには火が入っていました。

d0126730_11522435.jpg


中をいろいろ見学させていただき

工房には作品として産声を上げるときを待っている作品の卵たちが

そして、創作を考える机の上には新作のアイデアが置かれていました。

d0126730_12163615.jpg


この場所で愛らしい作品が生まれているのだなぁと改めて感じました。


『虹の森』のいくつかの作品は当店でもお取り扱いさせていただいています。

たくさんの方に間近で作品のもつ優しさや温かさを感じていただきたいです。
[PR]
# by mai-tokai | 2016-10-28 13:47 | 日記